人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お絵かき大会

福山にある松下美術館を久し振りに訪問した。
周囲はミカン園。
南仏のルノアールのアトリエのあるカーニュの雰囲気だ。
今回はドラクロア、ミレー、デフイ、藤田、ピカソ、ルノアールなどの名作を写生する目的
2年前にはかのルーブルでギリシャ彫刻をスケッチした。
お絵かき大好き少年は今も同じか。
で、一枚一枚その画家と話ながら、これは楽しい時間だった。
誰もいない館内は静寂に包まれて。
デフイ独特の色彩は思わず模倣したくなる。
フジタの北京風景は中国の冬が絵から飛び出して私を震わせる。
ミレーはテムズ川の流れる水の音が聴こえる。
フジタの個展でピカソは3時間も立ち止まったそうだ。
f0196856_07544884.jpg
f0196856_07562110.jpg

この若者が未来でどういう風に成長するだろう、と言った。
1920年代のモンパルナス。
ヘミングウェイやフィツジェラルドが暮らし、まるでロストジェネレーション花盛り。
よく今でもさ迷う私の大好きなラテン地区だ。
で、お絵かき。
20枚ほど描かせてもらう。
画伯には無断でね。
描き終えて外に出たら、青い空に桜島。
黄色い小舟はリオのイパネマ海岸だ。
昨年秋からフェルメールに出会い、今年はフジタに出会い。
お絵かき大会は一人旅。
f0196856_07522576.jpg
一人静かに瞑想,もしくは迷走。
迷走のほうが好きかな。
フジタに真似て化粧して女に化けたくなった。
どんな気分になるだろう。
男より女のほうが楽しい部分が多そうだ。
この絵は2年前、ロートレック美術館、南仏アルビ、でお絵かきしたもの。

by lautrec2kagoshima | 2019-01-27 07:52
私の新しい仕事場で開催されたクリニックの新年会。
私の発案もあり、それに先生やスタッフも同意。
いつものとは違う内容で勝負。
毎日が戦いの医療最前線で戦う戦士達への栄養補給と声援。
私の中で最初に閃いた気持ち。
慣れない環境の厨房。
何時に終わるのか分からないので、冷製のアミューズで。
2年前に訪問したフランスでの献立を思い出した。
サンジェルマンのカフェロトンド。
その前で友人の集まりがあった。
そこで出された献立を思い出しながらのアミューズ。
10点余りに最後にスペインのパエリヤを作る。
約5時間の製作時間。
頼りになる?スタッフ3名が心強い。
焼きたてのパンにチーズを塗る人。
その上にイワシを乗せる人。
いよいよ仕事も佳境に。
3名のスタッフ達。
ワインの準備中、何やら顔色が変色してる。
アル中?
或る女?有島作?
残りのアミューズを味見させた私が悪かった。
3人の最高責任者が、せっかくだから、と
何が?いや、せっかくだから試飲しましょうよ。
で、宴会2時間前に前座で新年会が始まった。
もう飲み始まると3人は止まらない。
一人は静かな東北からの人。
これがまた静かに延々深々と飲む。
私は2本目を開けた時、怖くなった。
院長先生を差し置いて、これでいいんだろか。
いよいよ始まる。
激務のあと、先生一同が来られた。
私は彼らが大層喜んでくださったので、ただそれだけで満足。
次回からは3人のスタッフは交代?
いや皆さんは助けてくれるのでまた頼みます。
お江戸日本橋で楽しい時間をいただきました。


by lautrec2kagoshima | 2019-01-20 08:31

2019年の始まり

先日ブルターニュの友人から手紙が来た。
この時代、手紙、しかも自筆で。
ねえ、今年は来ないの?
1月は私達のバカンスだから、タイに行くよ。
2月だといつでもおいでよ。
わあ、行きたいなあ。
今年は仕事の区切りがあるから、しばらくは行けないよ。
たまに、というか私の仏作文はいい加減なので、辞典が必要だ。
今年も料理を少しずつ開始した。
ま、何年しても上手くはいかないものだね。
自信があるとかないとか、の問題じゃなく。
その場で味を決めないといけない、何とも面白い仕事だけど。
ケーキは秤を守り、タイミングを失わないとうまくいく。
料理はライブだからね。
目の前に食べる人がまだかまだか、と待つんだから。
仕事で一番精神を一つにする瞬間だ。
何であれ美味しいのが原点だ。
春に向かい、見知らぬ美味しさを探しに出よう。
今に満足せず、ただただ美味しいものを探そう。

by lautrec2kagoshima | 2019-01-13 22:42

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima