<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年の私

今年は特に奇蹟の連続だった。
2月のフランス。初めての自転車の旅。
ブルターニュの北風の中、古い自転車をこいだ。
小さな海辺のホテルから海が見える。
ジャンコクトーが描いた戯曲を思い出す。
南フランスの港町、Ville Franche sur la mer.
2度も通い詰めた港町。
ある午後、港の風景を絵にした。
帰国した夜、ある方のお母様の死を知った。
f0196856_17074742.jpg
私が今年出会った中でも最優先のお一人だったからだ。
その1週間前、ブルターニュのカテドラルで葬儀に参加したばかり。
内なる哀しみの増長にしばし沈んでしまった。
最愛の人を亡くした人はそれでも強く生きようとしてる風だった。
強く生きることしか供養にならないの。
私が生きて学んだ至上の言葉だった。
f0196856_17084044.jpg
渡仏1日前の午後。
私の未来を現実化する出来事が起こる。
東京での第2の仕事の要請だった。
数時間後、私はパリ便に搭乗してた。
頭はフランスどころか、どんな風に仕事を進めようか。
私の後ろを押してくれた人がいたから、勇気が湧いて来た。
2018年は2人の女性の登場が私の演出家の役割をしてくれた。
後ろは向かない。
2人の方へのお礼は生きる意志で示したい、と思う。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-12-10 17:09

異質な時間

つい24時間前は日本橋で料理してた。
今、地元鹿児島で料理してる。
時間差での仕事。
その内容は異なれど、基本は同じだ。
最後の師走になろうとしてる今。
懐かしんでいる暇はない。
今年2月のフランスから私の未来は変化し始めてきた。
先週、ここで見習いしてたJさんから電話が来た。
故郷を離れて20年の歳月だ。
苦労して覚えたフランス語と料理。
小柄な体で、生き抜いた異国。
対して体も強くないJさんの前向きな生き方。
ある冬。
彼女に久しぶりに会った。懐かしい笑顔で駆け寄ってきた。
深夜2人でセーヌ川を歩いた。
見習い時代の事からフランス社会に溶け込む事の困難さ。
元来陽気な彼女は少しだけやつれていたが、前向きに生きてた。
いっそ、連れて帰りたい気も有った。
私の勧めでフランスに渡ったからだ。
でも子供も成長し、このままフランスにいきていくだろう。
人の運命は誰も予想できない不思議を秘めてる。
今はパリを離れベルギーに近い小さな町に住んでる。
田舎の普通のOLが世界へ飛び出したのは私の強い影響だった。
世間を知らない、恋すら知らない田舎娘が今やフランスに生きる。
ロートレックを駆け抜けた一番印象の深い人になった。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-12-05 22:00

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima