<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

偶然?奇蹟?

JAL045便パリシャルルドゴール行きの機内。
乗客はほとんど日本人だが。
近くの席に白人女性が。
何となく挨拶する。
京都在住のパリジェンヌ。
久しぶり故郷のパリに帰るとの事。
いろいろ、機内でおしゃべりして、ついでに仏語の文法とやら習う。
12時間後。
いい旅を、と別れた。
フランスのいろいろな地方や文化など機内で退屈退治に利用。
京都では航空会社系列のホテルのコンセルジュ。
f0196856_14441960.jpg
私も退屈をこのパリジェンヌとしのいだ。
12日後。
JAL046便。羽田行き。
お?
お?
どちらからでもなく。。
f0196856_14444222.jpg
再び、席が近い。
知る限りのフランス語で、驚きを表現する。
なんという偶然。
行き返り、2名限定のツアーの巻。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-20 14:45
パスカルは30年のキャリア。
フランス料理を作らせると、さすがの才能に驚くばかり。
その彼に寿司を作らせてみた。
海苔巻の巻。
ごはんを海苔に置かせる。
レタスとスモークサーモンを真ん中に。
彼の作るマヨネーズを添える。
パスカルのマヨネーズはうまい。
f0196856_14295788.jpg
f0196856_14302087.jpg
f0196856_14304962.jpg


ついでに見習いの私は作り方を教えてもらう。
簡単なんだが、そこにコツがあるし。
さて、出来上がる。
その場で試食する。
その味がどこまで分かるのか、わからない。
その夜、ナントから子供が週末に帰る。
アグネスと駅まで迎えに行く。
2度目の出会いだ。
出会うとすぐに抱擁が来る。
なかなか慣れない日本人だが。
4人で晩餐。寿司。
しかし。。。
たらふく食べた後の事件。
5種類のチーズが登場。
いつまでもチーズをかじりながら、遅くまでしゃべる。
フランス人は実によくしゃべる。
言語第一の国だ。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-20 14:31
日本には休みのないお店があります。
え?バカンスがない?
それ刑罰?
いいえ、24時間、1日中、365日開店してます。
嘘?冗談でしょう。
じゃ、日本人は眠らないってわけ。
私。はい、ある意味、眠らないのでしょうか。
友人。じゃ、だれが深夜にお買いものするの?
眠らないで生きてる人?
24時間営業を信じてもらえないので、話が進みません。
私の言語力じゃ、限界です。
フランスではプランタンもラファイエットも日曜日はお休みです。
誰も信じてくれません。
f0196856_21242919.jpg
じゃ、深夜に何か欲しいものがあるの?
深夜だと、割引なの?
もう、日仏会談は決裂です。
私の仏語はこれが限界です。
バカンスは彼らは平均1か月。
人生、彼らが勝ちか?

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-18 21:24

再度東京デビュの奇蹟

18歳で暮らし始めた東京。
そして再び、東京。
その間、ロンドンとパリに暮しました。
故郷を離れて、再び東京へ。
その生命線の軌道をどうしようか。
2月、フランスへ飛ぶ前日の午後。
エーゲ海の海中から突然に表れたミロのビーナス。
エーゲ文明の、そして今は世界の女神のシンボル、ミロのビーナス。
これまでの仕事を継続していただきたい、との天の声。
東京では、今の仕事だけはしない、と覚悟していました。
それが、女神の声で、もろくも崩壊。
今の仕事以上に面白そうな部分やまだ未知の領域がありそうな。
再び、味を、その背後にある、生きる根幹、生命、ガイヤ、人体への旅、意識、無意識。
そんな漠然とした海の底から、自分の感性、知識、経験から生み出す、最終地点の味
を、作り出す事をその女神により、宣命をいただきました。
これまで以上に渡仏し、その世界から派生する知恵、知識を得たい。
最後まで、味を探す旅に出ます。
活躍する場所は東海道53次の始まり、日本橋です。
安藤広重気分でお皿に絵を描こう、と決めました。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-17 21:08

世界を自転車で

f0196856_22332130.jpg
2泊の旅に出ました。
自転車で。
パスカルの古い自転車はさびだらけ。
雨、風の中、海に向かう。
1時間。
風と雨に打たれる私。
なんで、こんな運命?
f0196856_20454295.jpg
f0196856_20455796.jpg

着いたホテルのマダム曰く。
f0196856_20452859.jpg
あなた、まさか日本から自転車で?
エスプリな仏人なこと。
次回は日本から自転車運ぼう。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-11 20:46

目が覚めて現実が。。

現実より夢が好きな私。
今夜の準備。
寿司ネタ。エビ、サーモン、イカ。わさび、しょうゆ。海苔。
メラニーとランチの後、出かける。
その前にモニックの案内でラボールのやや高級レストランに行く。
ギャルソンがイタリア人で愉快そのものだ。
人を幸せにする仕事ではイタリア人が一番か。
若い頃、ロンドンでバイトしてたイタリアレストランの人達。
f0196856_16325884.jpg
これがまた陽気だった。
今夜は合計9名が集まる。
f0196856_16332672.jpg
ワザワザ日本から来ました、名前はソニー。
2年前の寿司会が好評だったので、また開催です。
寿司で日本を感じてくださいね。
と、いうか私はあなたの国の料理を作るのが仕事。
でも、今夜は日本人代表で寿司作りました。
幸いに、いい助手に恵まれました。
こうして深夜まで大騒ぎ、の構図。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-07 16:34

夢から覚める

旅発つ前の期待と不安。
いつもながら、定期便と知りつつ。
夜中にナントに着いた。
雨。
ホテルはどこ?
道沿いで尋ねる。
もうすぐそこ。
f0196856_19364440.jpg
若者がアプリで探してくれる。
深夜に部屋の中。
雨に濡れて、そのまま朝が来る。
f0196856_19380538.jpg
翌日、鈍行でラボールにつく。
メラニーが出迎えだ。
f0196856_19373658.jpg
2年ぶりの再会。
フランス風にキス。
f0196856_19371187.jpg
以来、12日間、フランス語での生活。
f0196856_19362959.jpg
今夜は2年ぶりの寿司会だ。
f0196856_19361462.jpg
今回は8名のゲスト。
お手伝いはメラニーと2名の助手。
さあ、準備にかかろう。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-03-06 19:39

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima