<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

30日深夜までゲストたちと騒いだ。
いつもの12月の多忙をはるかに超えた。
ぎりぎりまでエネルギーを使い果たした。
おそらく最後の12月。
何より時間が欲しい。
時はかねなり。今ようやく理解できる。
今一番欲しいのは時間と自由。
今の仕事から解放されたら、東京ベースで英国、フランスに暮らそ う。
元気な内に。
そうだ、ベトナムのシクロおじさんにも会いたい。
アフリカチュニジアの長い友人にも会いたい。
2017年。
朝から夜まで厨房に生きた。
その間、3度の東京と南フランス。
明日元旦は気合をいれて早朝東京に飛ぼう。
2月のブルターニュまでの航券も入手した。
深夜にナントに到着。
ナント?友人が1時間かけて迎えにくるそうな。
申し訳ないので半分辞退はしてる。
更にまたまたほかの友人達が2回目の寿司大会を希望してきた。
人生は漫才だ。
人生は笑うに尽きる。
2018年。
いよいよ空高く飛び上がろう。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-12-31 08:13

走る人

走る。
人間の基本能力の最たるものだ。
走る。
誰が一番早く走れるのか。
古代オリンピックで最大の競技だった。
走る人は、何を考えながら走るんだろうか。
マラソンという長い距離と時間のはざまで何を思うのだろう。
昨夜の方はマラソンを日常としながら、患者を診ている。
走れないほど疲労している人達だ。
走れるようになるまで、養生するのだ。
彼は市民ランナーのレベルを超えていた。
早く走る。
1秒でも。
前を進む。
後ろは見ない。
風を切り、ついでに自分が風になるのだ。
ゴールまで、止まらない。
こんなにシンプルなスポーツはない。
ただただ走る。
禅だ。
走るために走る。
話してると、走りたくなる。
振り返る。
いつ走った?
20年前、ロンドンからアフリカに飛んだ。
乗り換えに10分しかなかった。
その時、息が切れそうに走りこんだ記憶が。
来年、自転車もいいけど、走ろうかなあ。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-12-25 16:26

2017年の記憶2

2月、アルビの町裏で出会った15歳の娘。
靴職人として、人生を歩き始めた、その最初の日。
窓越しに親方と何やら靴を触る。
ガラス越しに親方と目が合う。
どうぞ。
ドアを開けてしばらく、2人の仕事を見入る。
この子、今日が修業の第一日目だよ。
昨日までは中学生。
その新鮮な目。新鮮な声、新鮮な笑い。
フランスでは、仕事をするのが生きる原点だ。
どこかの国のように、親がかりの道はない。
自分で生きていくことが、人間の最低条件だ。
ふと、我が国の天才親ばかぶりを振り返る。
再び町に出た。
お昼なのでサンドとミルクを2人分購入する。
工房に出向き、心ばかりの気持ちを差し上げる。
15歳の娘のはにかみ笑はモナリザのごとし。
旅に出ると、思わぬ瞬間に出会う。
f0196856_20305378.jpg
来年も旅に出る。
また思わぬ事に遭遇するだろう。
明日から1週間。
聖夜のために全力投球。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-12-21 20:31

2017年の記憶

日常は軽く過ぎ去る。
あっ、という間に記憶は消えてしまう。
若い時分から、1年に1度は旅に出た。
今年はアルビのロートレックに会いにいった。
この数年、面倒な旅には疲れた。
以前はシチリアの村々まで行った。
今はシンプルに、迷子にならない程度に。
今年はフランス観光局の方にお世話になった。
言葉のハンデがない分、旅はスムースに行く。
その分、迷いが楽しい旅の本質を捨ててはいるが。
2月の渡仏もある意味、未来形としての形だ。
捨てるものは潔く捨てる。
身軽。余計な考えや付属する人間関係も軽くするんだ。
後20日余りで今年も終わる。
元旦の一番機で東京へ。
三菱美術館でロートレックと同時代のリトグラフ展へ。
f0196856_20274858.jpg
歩こう。歩こう。
最近、英国に暮らした若い女性と英語で話す機会に巡り合えた。
道具として、十分に使えるのが面白い。
f0196856_20291582.jpg
しかも、美人だ。これはポイントか。
普段、フランス語脳の私には英語が新鮮だ。
楽しい年末、風邪には気を付けよう。


[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-12-06 20:29

クリスマス

フランス料理の舞台に最適なクリスマスが近い。
32回目のクリスマスだ。
いつの間にか、この季節。
おそらく最後か、そうじゃないか。
個人的には1985年のクリスマスにパリの友人宅でのお祭りが最後だった。
それ以降、すべての聖夜は仕事。
レストランは作る、サービスする。
この2点の完成度でゲストの満足レベルが決まる。
ゲストのキャラクターを素早く感知するのがサービスの才能だ。
昨夜は右手の不自由か方がお見えに。
食べやすく盛り付けるように要請がある。
肉は繊維に沿い、細かく切る。
相手に分からないように、心を配る。
などなど、サービスは奥が深い深い。
f0196856_20450779.jpg
f0196856_20450779.jpg
若い料理人達が来た。
出来合いを多用してる、とわかる。
え?デザートも、パンも?
ここで作るのが不思議そう。
料理人の仕事は作ること。
この原点を忘れてる人がすぎだ。
パリで15年仕事してる知り合いが言う。
日本は何でも食べられる。
しかし、本物に出会う店が極端に少ない。
それは正解かな。
12月。今年最後の100メートル。


[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-12-01 20:45

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima