<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

言い出せない。

笑顔でお見えになった昨夜のお客様達。  
3年後の30周年の結婚記念日にもぜひ来たいとのこと。 
すみません、本当に。来年で閉幕するんです。
えええ?
驚きの声と失望が響き渡る。
止めないで、いつまでもここがいいから。
そんな声を聞くたびに辛い思いです。
閉店を知ったお客様達が最近、頻繁に来られます。
32年間の気持ちを今、一人ひとり、手書きの文章で書き始めました。
自営はいいですよ、何歳までもできるし。
自営は好きな期間でけでも出来ますよ。
いろいろなご意見はありがたいものです。
しかし、もう残り時間を計算すると、限界地点です。
20歳でロンドンに渡り、32歳でパリに渡り。
そしてここを出て東京から三度、海外、フランスへ。
予定、計画どおりです。
元気な内に、恩返しの意味も含めての渡仏生活。
でも、これからは仕事は第2の目的。
これから友人に会いに英国やイタリアへも旅に出ます。
店を終わる。
あの頃の情熱は32年間継続しました。
f0196856_14262558.jpg
さて、今夜も大仕事。
幸せなご家族にこちらも仕事で応援しよう。
残り時間、できる事をしよう。 
パスカルとアグネス。ブルターニュのレストランで今後お世話になるご夫妻です。


[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-09-23 14:27

いつまで?

f0196856_12031046.jpg
32年間、ただ一筋にフランス料理を追いかけた時間です。  
多くのお客様にゼロから支えられての32年間です。
で、いつまで?
そう聞かれるのが一番、辛い事です。
2018年の夏頃には、レストランの整理を始めようかと、試案中。
まだまだ、これからここを舞台に稼げるのに。
という意見も参考にはしました。
私は東京から2度目のフランス暮らしに。
ブルターニュの友人のレストランで、バカンス期間のみです。
その間、旧友に会い、英国の友人やベルギー、イタリアの知り合いに再会したり。
2018年2月、渡仏します。
友人のレストランオーナーと今後の話し合いです。
私の第2の生き方は、フランスへの恩返し、と決めていました。
夢は叶えるために有る。
残りの時間。
11月のボジョレからクリスマス。
と、最後の日本での料理人としての力を出し切りたいです。
2度目の夢はこれからです。
Jai reve de vivre au Bretagne a partir de 2018.1985年、パリ時代、1歳の娘と隣のガブリエル夫人と。
時は無常に流れました。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-09-18 12:05

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima