<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋の気配

今年のボジョレは解禁日の11月17日から23日まで開催します。
多忙な方が多いので、当日は行けない、という声を反映しました。
産地はブルゴーニュ地方です。
鴨料理やエスカルゴの有名な土地です。
軽い取れたてのワインには、力のあるメニュこそふさわしいもの。
来年を入れて後何回できるものか。
30年の長さなど実に早いものです。
1度も満足のいく料理はありませんが。
その瞬間は、いいぞ、と思うのですが。
その夜、あ、あの方法ですれば、とか、やはりあの盛り付けがよかったとか。
すべては瞬間芸。
だからこその、火との対決なのでしょう。
秋は食欲が成長するいい時期です。
ロートレックの生まれた町、フランス南西のアルビ。
2003年に一度訪問しました。
今度は生家のナーセルにあるお城まで足を延ばしたい。
母方の親戚と連絡が取れました。
私を2日間に渡り、個人的にお墓まで案内してくださる、というメールが届きました。
本当の話です。
ロートレック愛好者が命名した私のレストランです。
料理が好きだったロートレック。
生きてると、何かと不思議な縁が生まれるものです。
f0196856_15133995.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-10-25 15:13

秋の到来

熱に包まれたこの夏が急に消えた。
同時に食いしん坊達が動き出した。
11月のボジョレ計画も始まる。
油断してると、今年も残り少ない事に。。
2月のブルターニュの寒さが懐かしい。
やがて年が明けて東京からフランスへ。2017年の始まりだ。
30年の記念すべき2016年だった。
残りの料理人人生に熱情を注ごう。
フランス人がどれくらい食いしん坊か。
我々日本人の想像をはるかに超える。
美味いものしか食べない。
出来合いのレストランは成り立たない。
そんな環境で学んだ私は、最後まで出来合いは使えない。
パンから焼くここは単純に割りの合わない仕事だ、と思うけど。
恒例で10月がこれまでのフランス行きでした。
最近は2月に集約。
やはり寒い季節のフランスは何でも美味い。
雪にも出くわすけど、寒さはうまさの基本。
秋は調理も食べるのにもいい季節。
さあ、秋のうまさを作ろう。2016年2月。友人の店でクレープを焼く風景。
f0196856_20392120.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-10-13 20:39

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima