<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゲランドの塩現場を訪問

f0196856_18241137.jpg
f0196856_18233953.jpg
f0196856_18231697.jpg
f0196856_18224777.jpg
f0196856_18221753.jpg
世界的に評価の高いブルターニュ、ゲランド
モニックさんの案内で塩研究所を訪問しました。
25年間、私の愛用している塩です。
ローマ時代にさかのぼるゲランド塩。
すべてが手で採取される伝統の塩です。
素材のなかに浸透して、素材の良さを失わない、そんな塩です。
ここではパンもすべてゲランド塩です。
研究所で私も日本で長年愛用してる事。
すべての素材に最大の味覚を引き出してくれること。
その内容を伝えました。
研究所を出て。。。
今夜は6名分の寿司作り。
勿論、ゲランドの塩で。
25年前に訪問。
このモニックさんのも持たせてくれたゲランド塩。
その本人と塩研究所を訪問するという運命。
何だか、自分の料理人生を決めてくれた人。
そんな深い思いです。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-02-29 18:18
f0196856_14205671.jpg
30代の最後。
レンタカーでフランスを2000キロ一人旅。
パリ時代の仲間、クリストフを訪問した。
あれから25年。
朝、一人で城壁の旧市街を歩く。
当時の自分に出会う。
なぜここにいるのだろう。
ブルターニュの冬にしては寒いそうな。
カフェで、bonjour、と声をかけられる。
田舎はどこもこんな感じで。
犬を連れた紳士。
ベルギーの人で2年前からここに住んでいる。
昨日帰ったばかり。
もうメールが届いてる。
これから再会し、私の人生に何かがありそうな気配。
旅の初めての朝。
いつもその街で自分を空気にする。
すべてを捨てに来たから。
前も後ろも振り向かない。
これから始まるブルターニュ。
瞬間を抱きしめよう。
On va au cafe et parle a monsieur T.
jai rien de faire.
午後はフランス人に日本の和食を作る。
実は、今回一番の悩み。
寿司、海苔巻など。
魚は新鮮。
後は米と醤油。
f0196856_14161620.jpg
f0196856_1417773.jpg
f0196856_14174038.jpg
f0196856_1418424.jpg
f0196856_14184784.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-02-25 14:18

10日ぶりに帰国

開店30周年と合わせて25年ぶりに友人宅を訪問しました。
ブルターニュのゲランド、という町です。
塩で世界的な村です。
夜にパリに到着。
空港ホテルに滞在。
およそ12時間。
広い席を予約したので、疲れもなく到着。
翌日、TGVでナント経由でゲランドに着いたのは夕方6時半過ぎ。
25年ぶりのゲランド。
様子は変わり、しかも忘れていた友人の家。
ドアのベルを押す。
友人のお母さん、モニックが迎え入れる。
25年ぶりの再会。
人は空想、夢、想像、期待で宇宙でお互いに手をつないでた。
広い家。広い庭。キャンピングカー。
2階に通される。
バスルーム。洗面台、トイレ。
隣に私の部屋。
その夜はモニックがブルターニュの名産、ガレットをごちそう。
16世紀の家を改造したレストランです。
シェフを紹介され、厨房へ。
この1年間、毎日毎日フランス語におぼれていた。
想像以上に役立つもの。
その夜は早めに広い寝台にごろり。
夢の始まり。
f0196856_2013814.jpg
f0196856_20133541.jpg
f0196856_20161411.jpg
f0196856_20163738.jpg
f0196856_2017185.jpg
f0196856_20173847.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-02-24 20:17
レストランの目的は唯一、食べて話をする場所です。
最近、フランスで話題になってる事。
それは運ばれてきたお皿を携帯で写す事です。
当然、食べる前に写すわけです。
目的はそれぞれでしょう。
夢に見たレストランだから。
美味しそうだから。
記念にしたいから。
挙句の果てはブログで自慢?
と、いろいろでしょう。
我が国の旅行者が1番に挙げられてるそうな。

こちらサイドからはいい宣伝にはなるけど。
お皿ができた瞬間の新鮮さを私は味わっていただきたいし。
パリのあるレストランでは携帯は使用禁止です。
記念に写したい時は、あるいはそのお店の了解をいただくほうがいい場合も。
そしてマナーという点でも、近くにお客様がいる場合は、マナー違反に。
レストランは食べる、話す。この2点がすべて、という考えは古い?
さて2月。
再来週はフランスへ。
携帯写真のことを思いながら、現地のレストランに座る事でしょう。
寒い季節。
バレンタインのメニュもできた。
30周年まで走ろう。
f0196856_1794087.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-02-01 17:09

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima