<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

面白い男たちが来た

自転車好きな男8人が集合。
レストランの入り口にある私の愛用自転車に群がる。
まるで甘いものにありついた蟻だ。
ギアを触る.ブレーキに触れる。車体を持ち上げる。
なかなか食事が始まらない。
遠くは福岡、宮崎くんだりから集合。
皆さん、毎日自転車生活してる.
健康第一、というのでもなさそう。
このオジサン達は古い車の同好会の仲間でもあるらしい。
しかし話題は自転車のようだ。
車はドイツやイタリアの古いスーパースポーツみたいだが。
自転車は特別に面白い。
何が?
自分の意志でどこまでも行ける。
飯さえ食えば、地球の果てまで行ける。
ある男はオランダで自転車に乗ってたら、太めのおばさんに軽く追い越されたと。
わがふるさとフランスは自転車王国。
さあ、日曜日だ。
自転車で海に行こう。
8人の男たち、どこか普通のおじさんじゃなかった。
それにしても、男の趣味はばかげてる。
中には真空管で音響組立が生きがい、という男。
自分の寝室に保管してる自転車。
待てよ、そういう私の部屋?
馬鹿げた置物だらけ。
第一に、料理本、レコード、カメラ、楽器、懲りない語学書。
バカな男達はどこまでも馬鹿的に純粋。
しかも人に迷惑をかける?
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-08-30 08:24

夏の終わり。lete a fini.

そろそろバカンスから帰る頃。
フランスの子供たちは宿題もなく、田舎やおばあちゃんの暮らす海辺で遊んだ4週間。
レストランは観光客で大賑わい。
特に南仏の海辺レストラン。
フランスの秋は実に早い。
急に秋、と思わせる朝が来ると、もう2度と夏は帰らない。
マルシェではキノコやジビエが並ぶ。
どんな小さな町でも戸外に並ぶ朝市がある。
日本に帰ると、まさに食事情は北朝鮮レベル。
それでいて和食が世界遺産とは。
経営維持に苦しむ世界遺産組織。
その財源を半分程度負担してる日本だから?
簡単に世界遺産指定を入手できる?
英国の北にある自然世界遺産。
1年に数日だけ人間が見学を許されるのだそう。
拝金主義の日本はやはり、アジアのなのかなあ。
日本人のバカンスは何日か、とよく聞かれる。
個人で違う、と答えてる。
ナポレオンが制定したバカンス法。
休まないと、処罰されるからねえ。
日本人は三途の川に永遠の休養があるのかも。
それにしてもこの夏は地球が燃えそう。
秋のメニュが現実化しません。
現在、パン焼きの時間です。
朝7時から。
遅寝早起き。
f0196856_8364628.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-08-27 08:36

テーブルの花

私のレストランの花。
季節ごとに変化をしてる。
誰がこの花を育てているのでしょう。
実はお客様で花の趣味の方の作品です。
何人かいらっしゃいます。
嬉しいことです。
レストランはテーブルの花で最初にお客様をお迎えします。
フランス時代、プロの花屋さんと契約していました。
2日の1度の入れ替えでした。
その花の費用だけでも大変なものです。
暑い季節です。
日持ちがしません。
長い時間大切に育てた花の寿命はあまりに早いです。
瞬間を花は表現します。
まるで料理のごとし。
時間をかけ、アイデアを絞り、深夜まで検討したお皿。
それがものの5分で終わることも。
だからこそ、その瞬間に賭けるのでしょう。
後30分でご予約の方が登場です。
貴族として。
いつまでも残る記憶の時間にしよう。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-08-18 18:37

厨房は瞬間40度に

f0196856_8204522.jpg
今朝は7時からパン焼き。
昨夜は10時に帰宅。
睡眠時間は約5時間。
フランスでも料理学校は大人気。
腕一つで食えるから?
テレビでの風景。
シェフが素晴らしい舞台で料理する。
お客様はサインを求め、写真を共に写す。
誰もが憧れるはず。
お金をいただいて、向こうからありがとうございました、と最後に終わる。
フランスでは料理学校が今や、狭き門。
ところが、現実は?
家族とは時間が取れない。
シェフになると、朝早くから買出し。
ランチのあとは夜の準備。
終わりはいつも夜10時過ぎ。
レストランは今でも唯一のギルド。
貴族を支える重い仕事には違いない。
それでもなりたい?
以前、高校で調理科の講師として5年間仕事した。
若者相手の授業だった。
そのうち何人が今も料理人だろうか。
おそらく1割程度だろう。
朝から晩まで公務員の3倍は働く。
ここにも何十人の見習いが来た。
誰も今はこの仕事はしてない。
フランスで修業しても、帰国後が大問題だし。
帰国後は現実が待ち受ける。
それは音楽も絵も同じだ。
暑い夏も、お盆も仕事だ。
私は時間を縫い、遊びに出かける。
今朝は10時からフランス語の個人授業。
夜遅くはジャズライブ。
明日の朝は保育園で英語で子供たちと遊ぶ。
その次は病院の施設で高齢者と音楽をする。
土曜日は朝7時からビジネス英語の授業。
午後は子供達の英語。
ほとんどの時間を遊びに使う。
その間にフランス料理の本を辞典を引きながら読む。
24時間。
テレビを見ることはほとんどないに等しい。
さあ、オーブンからパンの香りがしてきた。Je me marche a Poitires en 2015.Ca sent tres bon.
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-08-05 08:21

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima