<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自分の誕生日らしい。

7月23日はどうも自分の誕生日らしい。
戸籍では。
家族でお祝いの食卓など夢の夢。
ごちそうらしい飯を6時に孤食。
そのあと、午後23時までお仕事の私。
レストランでは日常にお客様の誕生日をお祝する。
1年に1度の生誕の日。
軽く決意する。
まだまだ修業中の私。
次回のフランス行きの航空券をまず予約。
これでもう逃げられないぞ。
30周年か。
30代前半の頃。
勇気だけが頼り。
破れた靴、壊れた傘。
モンマルトルの坂を白い息をはいて、仕事に向かったなあ。
そんな回顧。
さあ、また新年だね。
個人主義を貫く。
f0196856_1231844.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-07-24 12:04

久しぶりの休日

そういえば、最近、ほとんど休んでいないぞ。
お客様にすべてを捧げてる?私は、まず自分の都合よりも優先です。
30周年を控えて、さらに向上しよう、と決めてるからね。
借金ゼロ、蓄えゼロ、悩みゼロ?
ま、お客様を笑顔を見るだけで満足です。
30年間、ぶれずに、愚直なまでにフランス料理の本道を歩いてきました。
不器用な私とスタッフは毎日のように、その事で悩み、あるいは喜び。
半年後はフランスへ。
日本とフランスの往復30回以上になりました。
今回は原点に帰る。
パリを再点検、再探検、再調査、再現。
最近は武器であるフランス語の切れ味を磨いてる。
未来を背負う子供達への英語も輝きだしてる。
10数名の子供達と過ごすいい時間。
9歳の男の子が38分の英語CDを暗記してた。
驚いた。
自然に覚えたのだろう。
スピードランニングを聴かせてもらった。
あれで英語が喋れたら、本物の天才か。
語学は苦労と隣り合わせ。
明日からテンションの上がる予約が始まる。
またまた悩みか。
普通の料理じゃ相手にされぬ。
古典と現代と前衛と。
バッハにロマンなチャイコフスキーを入れて最後は武満徹で完結する。
今夜は久しぶりに好きなラベルを聴こう。
子供達の語学の才能には驚く。
簡単に物まねして覚えるんだから。
その点。
不規則動詞や条件法でいつまでも立ち止まる私です。
古い脳と戦う毎日です
f0196856_20341555.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-07-22 20:34

暑さにも負けず

と、思うのだが。
矢張りこの暑さは異常か。
逃げ場がない。
厨房のエアコンも期待できない。
そこで。
昨日から朝6時に仕事を開始した。
今朝も6時からオーブンを使った。
まだ23度位の気温だ。
200度でデザートを焼き始める。
一人舞台。
フランスのニュースを聴きながら。
最近は占いのコーナーがお気に入りだ。
恋の悩み、仕事の悩み。
10分1ユーロでの占い。
8時半に一段落。
飯の時間。ほとんどパン。
カフェの大盛りに自分のパン。
パリ時代からの習慣。
次回はフランスのどこに行こうか。
開いた時間にギターを弾く。
ブラジルのサンバ。
朝9時。
魚の解体。
15人分。
午後英語講座。
夜7時から仕事開始だ。
10時、終わる予定。
そのあと、軽く飯する。
それから不規則動詞の復習。
脳味噌の老化は仕方ないけど、悲しい。
フランス語の不規則動詞はまるで数学2Bクラス。
6種すべてが不規則変化。
そのあと明日の晩餐計画。
開店30年の歴史は何だか軽くて重いものがある。
もうやめてもいい頃。
それでも多くのお客様の要求に少しでも答えよう、と思う。
楽しい時間は仕事の後で。
睡眠5時間。
残りは自由に泳ぐ。
時間、という空間をすいすい、と泳ぐ。
好きな事しかしてこなかった人生もまたいいか。
暑い。
サイゴンの夏を思う。
アジアの片隅を思う。
カンボジアの子供と遊んだ夏を思う。
メコン川を小さなボートで旅した夏を思う。
時代は変わる。
私は変わらない。
cette ete,il fait tres chaud,mais Je vais faire beucoup de chose comme le jazz,voyager,et le velo...
この夏、暑すぎ、しかし、いろいろしたい事たくさん、ジャズ、旅、そして自転車。。。
f0196856_1343814.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-07-16 13:43
オーブンから200度の熱を受ける。
地球温度の35度と合計235度。
仕事の熱は時々100度。
帰国から余りの時間の経過の早さに驚くばかり。
バスクから5カ月が過ぎた。
フランスから帰ると、また行きたくなる。
以前はイタリアやスペインにも行った。
今は残り時間を計算して、フランス全土も未踏の地に向かう。
英国の古い友人達にも会いたい。
シチリアの友人達にも会いたい。
あと何回欧州に行くつもり?
そういえば、ギリシャ問題。
1983年の秋に一人でアテネからエーゲ海と旅した。
丸裸のビーチにも行った。
海辺で飯も食べた。
モデルの女達と深夜まで踊った。
自分が消えたエーゲ海。
そういえば、町はいつも静かで、なんだかいつも昼寝してる猫を連想した。
EU議会はこれからが正念場です。
後に控えるポルトガル、イタリア。
地中海沿いの民族は昼寝する猫族。
ああ、暑い毎日。
暑さに負けず、家族という名のお客様のために。
今から200度のオーブンでフランス伝統の焼き菓子を焼きます
f0196856_175210.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-07-15 17:05

フランス革命記念日

7月14日の祝祭日を挟んで10日間。
ロートレックでは革命記念日のスペシャル晩餐を開催しています。
今年2月のバスク地方訪問の際の、地方料理.
加えて夏仕様の地中海沿岸の料理。
限定版の10日間です。
昨日よりご予約のお客様がお見えになりました。
おとといは初めてのお客様でした。
時間の経過とともに、うちとけて、いつの間にか古い友人距離に。
話すほどに面白くなる。
迎えた瞬間から、フランス料理の世界、独自の世界が始まります。
お客様の鼓動が聞こえてきそう。
サービスが始まる。
まるで舞台の幕があがる瞬間に似てる。
暑い夏。
厨房も戦いが始まる。
半年後のフランス訪問計画も同時に始まる。
32年前の7月はパリに住んでました。
JAlが墜落した夏です。
その事故が厨房で話題になった。
さて、今朝はボランチアで幼稚園で30名の子供達と英語で遊びに行きます。今年の2月に訪問したバスク材料のお店です。ce feblier,Je suis alle a Bayone et mange beaucoup de jambon.cetais tres delicious..
f0196856_751321.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-07-10 07:51

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima