<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スイカの午後

パリ5区の19世紀の古いホテルの部屋。
歩き疲れた私はマルシェでスイカを買う。
そういえばスペインのグラナダでも、チュニジアの砂漠でも、ベトナムのメコンでも。
何?そうスイカを思わず購入してたぞ。
スペインじゃ風呂に水を張り、丸ごと冷やした。
使い捨てのナイフでグサリ、と切断。
のどが渇いた、という理由じゃなく、誰も知らない異邦にいる、という自分の存在確認か。
最近、ニコンのF100を入手しました。
最後の銀塩カメラの名作です。
もちろん、白黒で写す道具です。
巴里時代、ミノルタで50本のモノクロで撮影しました。
30代初めの若い感覚で写したものです。
今じゃ到底、写せない鋭角な風景です。
この年齢でパリを写そう、と準備中。
特にまだ暗いパリや深夜に沈みそうな裏町を写したいもの。
2010年の秋。
朝日に幻影されたノートルダム寺院の何とも感動的な色。
その隣でジプシーが私に弾いたロマの曲。
若い頃に女と深夜に肩並べて歩いた同じ場所だ。
今にもプルーストが出てきそう。
今にもフィツジェラルドラルドが笑いだしそう。
パリは白黒が似合う。
背景にはアンリサルバドールの枯れた声がいい。
パリは悪魔の棲む街。
昼間は貴族の匂い。夜は娼婦の甘い香り
f0196856_15591268.jpg
f0196856_160828.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-04-19 15:59

小さな旅のような時間

今朝自転車で近くのスーパーに出かけました。
猫君の砂を買いに。
レジに並びます。
先客が80歳位のおじいちゃんです。
何やら十円玉や1円玉を沢山数えています。
小さな財布から出しています。
合計600円くらいのお買いものです。
ずいぶんと並べました。
すると、レジの係が20枚以上の10円は一度に機械が受けつけないそうで。
そこで私が100円玉を200円分両替しました。
それでも購入できません。
すると、お店の方が100円分の両替をしてくれます。
その時間、約5分。
お爺さんは頼まれたのか、袋入りのパンやラーメンを購入。
お爺さんと私は目が合います。
お爺さん曰く、すみませんね。
私の買い物が終わると、すぐに近寄り、助かりました、有難うございます、とお礼。
外に出ると、お爺さんも自転車。
しかも孫の中学校の許可証が。
ほう、いい自転車ですね、と私のモノに感心してる。
いくら位するのですか、と質問。
この年齢でもいい自転車は分かるのですね。
別にいい自転車じゃなくても、いいのですが。
そして2人並んで自転車で途中まで帰りました。
なんだか春の旅の気分。
梅崎春夫の、春は馬車に乗って、という小説を思い出しました
f0196856_1801823.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-04-10 18:00

2006年4月6日の記録

朝9時半、パリ11区のレストラン、ラグイエールに着く。
中をのぞくと、白衣の男達が見える。
bon jour.
元気よく入る。
bon jour,ca va?
10人のフランス人達とカフェの後、すぐに仕事に。
いきなり私にも仕事が与えられる。シェフパスカルは気のいい人だ。
パスカルとは確か1990年に初めての出会いだった。
フランス中部サンエチエンヌの生まれだ。
22歳の息子がいて、離婚してここの近くに一人暮らしだ。
若い頃、ロンドンで働いてたので英語がうまい。
レストランは3時から6時までお休み。
その間は全員店を出ていく。私は近くにあるペールラシェーズ墓地を散策する。
お、ビゼーの墓、お、ショパンの墓。。
今夜は夜11時に仕事が終わる。
あああ、疲れた。フランス語での仕事は久しぶりだ。
帰りに空腹で倒れそう。
中華の光が見えたので、チャーハンを食らう。
ホテルに着いた途端に寝入る。
明日も早い時間からレストランに行く。

今からちょうど6年前の今日はパリ11区のレストランにおりました。
たまに現地の厨房に立つのは意味のある事です。
f0196856_17401244.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-04-06 17:40

4月のわくわく

4月になりました。桜も咲き、新緑が美しい季節です。
ハノイのあの川下りの水の音。
桂林からつながる大自然の悠久。
その水に自分を置いていると、なんだか素朴に暮らしたくなります。
という事で最近、本から始まり、大部分の所有物を廃棄しました。
最後にベース、自転車、ペン、ニコン機械式、フランス時代のレシピ。
これだけは保存予定しています。
3月は楽しい料理の日々でした。
理想は7,8人までのゲストです。
しかし現実はその3倍とかのゲストの襲来に困惑するのも事実。
デザートまで集中するのは3時間が限度です。
最近、ベルギーからの野菜も入手出来て、範囲が広がりました。
すべてを自分の手で作る、という現実。
一人才能のある若者がここにいたら、と最近思う事です。
フランスに渡る必要などありません。
日本にいても十分にその気があれば学べます。
アメリカに住んでいたから、英語ができる、という文法は成立しないように。
現に友人は外国に1度もいった事はないけど、英検1級を取得したり。
要するにどこにいても学べるのが料理と語学です。
英語を道具に旅する私に最近、幼稚園や小学校からの問い合わせがあります。
英語の楽しさを子供たちに、という方向でしょうか。
しかし、話せるようになるには、根気と時間と継続。
何とも辛い事です。
ただ一つ、外国に暮らす、仕事する。この理由があれば、すいすいと進化します。
さて4月。春のメニュ構築です。
ジャズライブも演奏家の交代で新しい世界へと。
f0196856_15593562.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-04-03 16:00

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima