<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

80年以上のフランス植民地だったベトナム。
特にフランスの色濃いハノイには今でも数千人のフランス人が暮らしています。
当然、フランス料理店が沢山あります。
今回はブルターニュ生まれのシェフの作るアジアとフランスの融合に注目。
メトロポールハノイのシェフの後に開業した新進気鋭のレストランです。
ほかにも4,5のフレンチを探索しました。
ベトナム戦争での被害は南のサイゴンより少なめでした。
それの影響か、旧市街には至る所、フランス風の建築が見られます。
フォーはベトナム料理の代表的な麺です。
しかしそのメニュは実は植民地時代に生まれたものらしいです。
フランス料理のポートーフー。
フーとはフランス語で、火の意味です。
フォーも野菜や肉を長い時間煮こんでソースを作ります。
ポートーフーも同じく煮こみ料理です。
要するに長い時間、火にかけて作る料理です。
昨年の今はパリに泳いでおりました。
今年はハノイのフレンチに埋没して、何かを探しに参ります。
成果は帰国後のお楽しみです。
ハノイで使うフランス語も楽しみの一つです。
青春第2騨はアジアのパリ、ハノイから始まりです。
f0196856_15322297.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2011-08-31 15:32

10年で4万キロのバイク

雨の日も雪の夜もこのバイクで地球を駆け巡りました。
約4万キロの地球一周の長さです。
はじめた頃は毎朝、海まで走りました。
自転車の上で毎日メニュを考えていました。
車じゃない、人間の速さで考える事は想像以上に豊かです。
自分の行きたい場所に自由に行ける。
自分の意志でどこまでも走れる。
自分の気持ちで好きなだけその場所にいれる。
雨に打たれたり。
雷に攻撃されて、納屋の中に逃げ込んだ午後も。
暑い夏は川に自転車ごと、どぼん。
今度の新兵器は性能重視。
山を越えて谷を越えて。
背中にはパンとお水を背負い。
この使いこんだバイクには思い出だけでも4万キロの重さです。
秋が来て、このバイクをたたんでアジアへ行こうか、行くまいか。
漂白な生き方の手段が私にはこのバイクです
f0196856_16464525.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2011-08-25 16:47

20歳の若者と自転車

即レース参戦可能なバイクのデビュの朝の事です。
どこか朝ごはん食べられる所教えてください、と日焼けした若者が一人。
じゃ、一緒にいかがです?と私。
8月1日に東京三鷹を一人自転車で。
地図もなく、自分の感覚でここまで来たらしい。
地図はマニュアル、だから必要ないし、自由が奪われそうで。
今の時代、マニュアルや知識先行の私達には大きな洗礼です。
野宿の毎日。
楽しいですか?と私の愚問。
楽しければこんな旅はしませんよ。苦しい後に瞬間、楽しさが来るんですと。
私のマウンテンバイクに興味津々。
彼の趣味は自転車改造。
今回はママチャリをすべて改造したらしいです。
M大文学部の2年生です。
その朝2人で自転車たたみました。
東京に戻り、数日後に宗谷岬に向かうとか。
一人だから意味があるのですね。
彼にラーメン代渡してザスカーで山に向かいました。
登りのレース専用なので、大方の道のない山道が得意です。
この秋、野宿での山の旅が面白そうな気配です。
青年はこの暑い夏、一人でここまで自転車で来ました。
大拍手
f0196856_8455969.jpg
f0196856_848869.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2011-08-24 08:48

朝の海に自転車で。

8月1日の朝7時。
そうだ、海まで走ろう。
軽い勢いで海まで20分で到着。
波が風に揺れてる。
ほう、まるでリオの海だ。
ロベルトメネスカルの小舟がどこからか聴こえるようだ。
沢ガニも元気そうだ。
おう、久しぶりの蟹君のマラソン風景だ。
途中2台のマウンテンバイク氏と遭遇。
1台は今野宿から目を覚めた様子だ。
テント装備のいかしたおじさんだ。
一人でこんな海のそばのの山でキャンプするおじさん、かっこいいね。
2台めのおじさん。
顔や服装からして、野宿せざるを得ない人です。
旧国鉄駅の待合室に寝てた様子です。
このお二人、年齢は同じくらいです。
どちらがどう、とは言えませんが、自転車の移動力はたいしたもの。
秋のマウンテンバイク参戦に向けて、この夏は朝トレ開始です。
マウンテンバイクは1970年代、カリフォルニアのヒッピーが始めた遊びです。
今では世界大会もあるスポーツです。
山を登る専用、下る専用、岩を駆ける専用、など目的別にバイクが作られています。
軽量なサイズからヘビーなサイズまで。
たかが自転車、されど自転車。
軽自動車な価格に届きそうな進化したバイクも。
日々の訓練からすべてはスタートです。
11年間のバイク生活で、心肺機能はかなり向上しました。
秋。
さて高隅から登りましょう。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2011-08-01 14:19

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima