last x`mas 最後のクリスマス

まさか最後のクリスマスになろうとは。
全ての事に終りがあるように、ロートレックにも終りが来る。
33回目のクリスマス。
クリスマスを最後に味わったのはパリ15区のマリーのアパルトマンだった。
仲間たちとプレゼント交換した記憶が。
あれからお客様のために自分のクリスマスをプレゼントしたものだ。
聖夜のレストランは1年で一番に輝く。
キャンドルの下で味わうフランスの定番、エスカルゴやコンフィ。
12月は朝から深夜まで働いた。
いざそれから解放されるのか、と思うといかにも寂しい気持ち。
パリ時代の記憶を初めて他者に話した。
レストラン探しに2か月。
暑い夏のパリを隅々まで歩いた。
偶然と奇蹟が私を取り囲んだ。
慣れない仏語、慣れない環境。
仕事中はいいとして、みんなで飯時間はきつかった。
日常会話がほとんど出来ない頃だった。
クリスマスの夜。
仕事を終えて、サンラザール駅からメトロでブージラール駅へ。
シェフからもらった洋ナシのブッシュドノエル。
それを抱えてマリーの自宅に向かった。
それをこの季節になると思い出す。
最後のクリスマスだ。
後ろは振り向かない。
前だけ見て歩こう。


by lautrec2kagoshima | 2018-11-27 17:17

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima