無意識から始まる人体への旅

5月20日、東京ミドタウンでの講演会へ駆け込んだ。
日本橋レデイスクリニックの野澤真木子先生の講演で。
語り口は淡々と進む。
まるで食べ物を口から食べ始める感じだ。
徐々に噛み砕きながら、栄養の吸収が始まる。
時に老廃物や不要なものに分類されていく。
先生のお話はまるで食べ物に例えられる。
私は一言一言をそんな風に例えながら聞く。
これまでの先生の医療方針の基礎となる大事な内容だ。
ふと、振り返る。
これまでいくつか学校には行ったが、ほとんど講義内容は聞いてなかった。
この日。
細部に渡るまで、お話を消化しようと。
その講義は、沈着冷静、医学者独特の持つ、抑揚を抑えた声域。
それがますます真実を倍加させる。
肉声で聴くのと、文章で読むのとは理解度が違う。
朝早く家を出て駆け込んで聴いた講座。
今後の私の細胞、血液の基礎となった。
知らない事を知る。
知的探求の一日だった。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-05-24 07:03

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima