にわか寿司職人

2月16日よりブルターニュに。
2年ぶりのゲランド訪問です。
前回、コグレル家で開催した寿司会。
今回は更に参加者が増えて、10名以上に。
本職のフランス料理人の腕試しじゃなく、寿司を握れと。
全員がフランス人だ。
17歳のリセエンヌ、マチルドから前回の助手、メラニー、加えてコグレル夫人や親せき。
どうなるんだい。
日本から木製のすし桶を持参します。
外に海苔や素材も。
16日到着後、空港からtgvに乗りナントへ。
翌日朝に駅にメラニーが出迎え。
お昼した後、2人で寿司会の食材買い出し。
今日のメールで、全員がとても楽しみにしてるそう。
日本人が出かけて、ワザワザ作る日本料理にわくわくらしい。
本音は和食より西洋食が得意なんだけど。いいアイデア。機内でボトルでいただける日本酒、シャンパンを持参だ。
前回も日本酒が寿司会で好評でした。

f0196856_20240716.jpg
寿司会の後。
今度はアグネス夫婦と再会。
そこでまた寿司会だ。
なんとも面白い私の時間。
今後の仕事と滞在の意味を含めての今回の訪問です。
それにしても、私の仏語力は限界をすぐに超えるだろう。
今から詰め込んでも仕方ないか。
20歳で生きたロンドンから今も繋がる欧州です。
今回は現地で自転車を調達。
それで買い物だ。
日本と同じスタイルだね。
2月16日の朝、羽田から仏国へ。
いつもの定期券レベルの移動だけど。
少しだけ、寿司会がわくわく。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2018-01-26 20:24

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima