いつまで?

f0196856_12031046.jpg
32年間、ただ一筋にフランス料理を追いかけた時間です。  
多くのお客様にゼロから支えられての32年間です。
で、いつまで?
そう聞かれるのが一番、辛い事です。
2018年の夏頃には、レストランの整理を始めようかと、試案中。
まだまだ、これからここを舞台に稼げるのに。
という意見も参考にはしました。
私は東京から2度目のフランス暮らしに。
ブルターニュの友人のレストランで、バカンス期間のみです。
その間、旧友に会い、英国の友人やベルギー、イタリアの知り合いに再会したり。
2018年2月、渡仏します。
友人のレストランオーナーと今後の話し合いです。
私の第2の生き方は、フランスへの恩返し、と決めていました。
夢は叶えるために有る。
残りの時間。
11月のボジョレからクリスマス。
と、最後の日本での料理人としての力を出し切りたいです。
2度目の夢はこれからです。
Jai reve de vivre au Bretagne a partir de 2018.1985年、パリ時代、1歳の娘と隣のガブリエル夫人と。
時は無常に流れました。

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2017-09-18 12:05

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima