歴史を想う。

5月1日。
30年の記念日だ。
だらだらだったのか、それとも?
3度の移転。
2年、10年、そして20年。
働く目的の第一は何でしたか?
何が消えて、何が残りましたか?
生まれたら今度は何がしたいですか?
残りの時間はどう過ごしますか?
自問自答の午後です。
だらだら、とは終わらない予定ですが。
気持ちは1000日。
この期間。
仕上げ的な時間にしたいもの。
うまいもの向こうに潜む何かを探し出す。
30年間。
楽しい時。
落胆の時。
歓喜の時。
絶望の時。
衝撃の時。
およそ、意識の底を洗うような感情が交錯した30年。
30年以降の仕事の姿勢。
すべてのお客様にすべての才を出し切ろう。
明日は自転車で小さな旅に出よう。
海を見に行こう。
生きる、の舞台で自分は総合司会しよう。
ジャズライブのため、午後はリハーサルした。
自転車。外国語。絵。ジャズのレコード。フランス語を読む。
まるでライフスタイルは30年間移動なし。
さあ、明日から5月のフランス祭に向けて。
フランス全土の前菜を計画しよう。
f0196856_1717260.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-05-02 17:17

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima