上手い。それだけのこと

f0196856_20354870.jpg
f0196856_2035960.jpg
f0196856_2034832.jpg
f0196856_20333718.jpg
f0196856_2032597.jpg
f0196856_20322755.jpg
f0196856_20315274.jpg
f0196856_20311331.jpg
フランソア1世のブロア城を2月21日に訪問した。
冬なのか、ほとんど観光する人はいない。
雨模様のブロア駅に降りた。
2人の現地の人に道を聞く。
10分でシャトウにたどり着く。
ほとんど観光はしない私。
しかしロアールの城は一度覗いてみたい、と期待してた。
猫と遊んだり。
そのうち腹がすいてくる。
気の利いたレストランを探す。
座る。
魚のブールブランを注文する。
シンプルなフランス料理だ。
何も足さない、引かない。
ドン、と皿が置かれる。
寒くないですか、とギャルソン。
寒いね、と私。
カフェは中に移動するね、と私。
何も考えず、なんだ、なんてうまいんだ。
正統派はうまい。
飾らぬうまさ。
素直なうまさ。
丁寧に味付け。
飛び出ないうまさ。
目の前はロアール川が流れてる。
自分はこんなところに一人でいる。
なぜか、一人。
冬のロアール地方を歩いてる。
ただうまい。それだけのこと。
食べた後、中でカフェ。
外に出ると、猫が近寄る。
Vien,ici.ここにおいで。
フランスの猫とフランス語で遊ぶ。
一人で異国をさまよい40年。
今回出会ったフランス人ともうメールで交流が始まる。
世界は広い。
世界は狭い。
言葉は異邦人を知る道具。
それにしても。
フランスのフランス料理は素直にうまい。
気取らぬうまさか。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2016-03-03 20:28

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima