ロンドンの和食やで。

たまには日本の味が懐かしい。
私は異国では基本的に日本食は食べないほう。
それがハイドパークの裏を歩いてると。
何やら醤油の匂いが。。
簡単に敗戦。
のれんをくぐる。
かつ丼を注文する。
10分後。
おまてどうさま。
何?
中国人経営の和食やだった。
食べる前から白ける。
その味は?
こんなんじゃない、かつ丼は。
ロンドンからパリへ向かう。
夜遅く北駅に着いた。
またまた空腹の私。
ホテルのそばに寿司や。
さあ、行くか。
白い和食人の制服がまぶしい。
ニイハオ。。。
またまた中国人だ。
13区の中国人街で作られてる寿司だ。
ホテルの暗い部屋で孤食。
寂しくて涙の夜。
世界は中国化してる、と知る。
以来、異国での和食は中止する事に。
その国の飯が一番上手い。のぞく英国。
ただし、フランス人は中国も日本もほとんど同じらしい。
あるインテリは2つの国は同じ大陸だ、と思ってる。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-05-28 20:43

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima