香港の島で

暑い夏の午後。
適当に香港島から小さな船に乗った。
ランタオと言う島だ。
港に着くと、木陰で島民がマージャンしてる。
腹がすいたので、適当に中華店、当たり前か、に潜る。
中国語はからきしできない。
強みは漢字表記である。
適当に漢字の感じを掴む。
出て来たのはどこかで見た事のある色と味だ。
食らう。
うん、これならいける。
40度ありそうな暑い夏の午後。
いつの間にか数匹の猫達が来た。
テーブルの下にうろうろしてる。
私一人で食べるわけにはいかない。
猫達と分けて食べる。
猫も随分と喜んでる。
そういえばエーゲ海の島でも猫とたべたなあ。
一人旅でこうして食べる相手が猫でも何だか幸せだ。
食事は背景と共に記憶に残るもの。
この10日間は一人食事。
単に命をつなぐだけの本能作業は辛いもの。
愛猫がいるのがせめてもの救いか。
飯はだれかと語りながら食べて初めて美味しい。
異国ではいつも一人で飯だ。
これは一つの学びと考えてるので、ある面、諦めてはいるが。
そこに気の利いた女でもいれば、ごちそうするんだが。
香港はパリと同じ位飯が上手い。
次回はフイリピンの田舎で飯した話です。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-05-15 20:39

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima