Les amants.恋人達

1954年フランス映画。ヌーベルバーグ
ルイマル監督の2作目。
ジャンヌモローがとりわけ美しい。
モノクロ。
不倫と恋愛の差は存在しない。
所詮男と女は愛し合うのは瞬間にすぎない。
必然、そのあとは虚しい倦怠、アンニュイが襲う。
結論まで1直線。
そのあとは倦怠と絶望が両面で到来する。
ルイマルはその頃、ジャンモローと関係にあった。
だからこそ、この失望感、倦怠感を自分の経験値で映像化したのだろう。
恋は瞬間に生まれ瞬間に消える。
この人の生命にも似た儚さがこの映画の主題。
フランス語の気の利いた会話もなかなかいい。
f0196856_2059960.jpg
f0196856_20593290.jpg
f0196856_2101654.jpg
f0196856_2104486.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2015-04-18 21:00

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima