最終の11月の日曜日

雨の朝6時。
ころりと、ベッドから起き上がる。
午後に若いお二人の門出の祝宴会。
いつもとは違う朝の気分です。
約20名の列席者を招きいれて、そこから始まる祝宴です。
前日が深夜終了でしたが、6時間の睡眠で元気になりました。
12時までに用意する祝宴のための料理。
完璧にテンションが実感できるまでに心臓は鼓動開始。
4人のメンバーですべてを回す。
それぞれのお皿のデザイン。
それぞれのお皿の素材点検。
サラダは定番の南仏模様のウェジウッド。
デザートはロイヤルアルバート。
ソース類の点検と味見。
大人数は途中での味変更はできない。
昨夜のアドリブに近い調理は到底不可能です。
夕べはスペイン生活の長い方だったし、何より南仏料理が好み。
マトウダイのあらやエビで採るブイヨン。
これを素材にビスクというスープを作った。
季節の牡蠣を使い、白ワインと玉ねぎで情熱的ソースを作る。
ワインにはバレンシアの極上赤と合わせた。
昨夜の情熱が残る私の遺伝子が今日も生存してた。
明日から12月だ。
2014年の最後の月。
今日は若い人達の門出に負けないような料理を、と決めてた。
f0196856_20193140.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2014-11-30 20:20

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima