夏の献立

夏のメニュを作りました。
日本の蒸し暑い夏にはコートダジュールの鮮度の高いメニュで。
夏野菜を使うスープピストー。
ブイヤーベース仕立ての魚料理。
トマトやナスに南仏の魂を詰めてオーブンで焼く。
サラダは定番ニース風サラダで。
パンはローズマリーを乗せたフォカチャで。
素材は青魚やタコ、イカ、貝類。
ニースからイタリア半島を抜けて3度もシチリアまで抜けた私です。
南の太陽を浴びすぎた私には南フランス料理は18番です。
程度の高い塩とオリーブオイルがあれば。
20歳の春。
最初のニースの海辺でアメリカの若者たちと野宿しました。
以来、5,6回その海辺を歩きました。
若い、ということの意味は今分かりますね。
夏の献立は用意できました。
デザートは冷菓中心で。
そういえば、ここではパエリャも人気。
ピザと並んで今や世界普及したスペインの国民食です。
フランスの島、コルシカで1998年の秋。
一人でレストランに。
スペイン語のラジオが流れています。
そうだ、パエリャを食べよう、と私。
フランスでスペイン語を背後にパエリャを食べました。
ここにおいでくださる皆様。
2時間の濃密な時間。
日常を忘れて、しばしの宇宙の旅。
そんな劇的な空間、時間。
それを支える料理と演出。
ここは一つの劇場です。
一期一会のオペラハウスの如く。
2時間のフランスへの旅をご案内します。
f0196856_19522451.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2014-06-05 19:53

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima