外国語を話す方法

f0196856_21105140.jpg
午後2人の生徒さん。
1日で話せるようになる方法はありません。
今はやりのなんとかラーニング。
あれは聞きとれても、話す練習は皆無なので、片足走行に近いです。
私のフランス語も現実に会話する機会があるからこそです。
それで。
私と同じA学院出身の30代の男性は1年半前に学び始めました。
頭の根底に受験英語が爆発するくらいに濃縮。
まずこの部分を摘出しました。
それに半年余り。
どうしても濃縮が邪魔するのです。
摘出した後はもう道は明るいものです。
日常会話を超えて来ました。
意志疎通の訓練中です。
最近は日本語の除去作業も進んでいます。
英語を英語で考える。ここまで来るにはあと、1,2年でしょうか。
もう一人は英語そのものを最初からしました。
be動詞からのスタート。
1年半。6月は準2の英検です。
偉いのは保育園2人小学生1人、しかも昼間は仕事。
この多忙の中でよくもここまで勉強とは。
仕事上の命令で英語が必要だと。
外国とのビジネスでの英語です。
また月に1度の英語タイムはまさにスリルです。
日本語禁止の愉快で汗のでる時間です。
私の夢はアジアの言語をしてみたいです。韓国語や中国語以外の。
外国語は思考の幅を拡大する作用もあるそうで。
老化防止にもいいみたいです。
ヤフーでフランスと英国を毎日訪問してます。
また材料はフランスから購入することも多いので、仏語は条件です。
現地の会社とやり取りする面白さもあります。
先日はグルノーブルのオイルの会社の女社長とやり取り。
その中で東京は、大田区に暮らし、1度桜島を訪問したという。
外国語は世界を身近にしてくれます。
最近はアラブの世界と交流。
毎日毎日、ムハンマドの言葉がアラブ語できます。
アラブ語は蛇文字。
分かろうとは思いませんが、なんだか面白そうです。
外国語を学ぶ。もうひとつの自分に会えそうな気もします。ベトナムの街角でぼろ靴を修理される。英語で値段交渉して、最後はお互いに笑う。騙そうと40ドル要求。40ドルはベトナムの2週間分の給料。最後は7ドル。これでも高いけど。楽しんだ分です。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2014-05-10 21:10

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima