あすで29周年

29年前の明日。
開店した日です。
細くて長い29年の歳月でした。
15年ぶりの故郷はまるで浦島太郎でした。
東京、パリ、そして鹿屋。
この落差、というか劇的変化。
今思うに、歩かない赤ん坊を連れて何の当てもないフランスへ。
壮大な夢でした。
失敗するとか何も思わずに、飛行機に乗った春。
それから当てもなくパリ中のレストラン探し。
恵まれないからこそ勇気が出たのでしょうか。
お金がない半面、勇気だけはありました。
誰でも今は金さえ出せば、現地のレストランで見学?は可能です。
それを支える業者がいるからです。
外国帰りはそれからが本番です。
外国で学んだ人は相当数ですが、帰国後からがすべて。
私は多くの人達に恵まれて今日まできました。
原点は、等身大。
食品偽装に始まる我が国の悪弊。
私は料理の説明を希望される人には説明します。
最近、どこでもくどくど、と能書きのおおい店が急増。
静かにしてくれ、といいたいほどですね。
次回はバスク地方を訪問予定です。
スペイン側からフランスへの海と山。
そこにある世界一食いしん坊なクラブがあります。
その名も美食倶楽部。
30周年のイベントも何か。
確実に歩いた29年です。
しかしまだまだ終わらない果てしない夢。
ジャズ、旅、絵画、フランス語、英語、自転車、カメラ、コントラバス、ギター、フランス料理、アジアの旅。
仕事の中に遊びする子供でありたいもの。1986 年モンマルトルの自分の部屋から。
f0196856_14534180.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2014-04-30 14:49

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima