ダリダとアランドロン

例の有名なパローレ、パローレとささやく唄。
いかにも恋愛国家のフランスの歌です。
ダリダが唄い、その裏でドロンがささやく。
その内容がいい。
甘いささやき、という日本語の題名が付いてる。
久しぶりに聴いてみると、今でも新鮮。
ダリダはパリ18区の私の住んでたすぐ近くに住んでた。
その頃、大きな体で小さなミニを乗り回してたそう。
それを見た日本人も。
1987年5月。
あんなに愛してたモンマルトルの自分の部屋で自殺。
わずか53歳。
いろいろ理由はあるけど、失恋が重なり、というのが第一の理由らしい。
あれほど美人でおお金持ちで。。
それでもそんなのは理由にはならないのが人間か。
葬儀は国内でも取り上げられた。
ショパンの葬儀が行われたマドレーヌ寺院で。
そのあと近くのモンマルトルに眠る。
クリシーの橋から見えるダリダのお墓。
甘いささやき。
このささやきはフランス語でしか言えない。
大の大人、特に日本人には言えない。
f0196856_12593633.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2014-04-20 12:58

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima