1985年春に

東京暮らし15年を契機にフランス移住を決めた朝。
その15年前、20歳の時英国移住を決めた朝。
2度に渡る欧州の2大都市への移住です。
英国移住はまだまだ若い青年期。
フランス移住はまだ歩かない1歳の赤子持参で。
いずれも予算僅かの、夢だけが財産の年齢です。
以来、数十回の渡仏の歴史。
春には1区から20区までの自分で選んだレストラン探訪予定です。
合計13,4回の胃袋との対決。
その間に講習会や材料購入、それに仕事仲間との再会。
その間を縫うように日帰りでのブルゴーニュとブラッセル。
その間をフランス革命当時の資料をカルナバーレで閲覧。
その間をブレソンを写真博物館で。
夜はプレサレイエルでパリ管。
あるいはサンジェルマンのジャズクラブで。
いや、週末のセーヌ河畔でのサンバライブ。
年齢を重ねるごとに渡仏の回数も減少?
再びパリ暮らしを、と思いつつ、仕事に精出すこの頃。
生まれた。
ジャズベースして英国に逃避。
その後フランス料理と文化に逃避。
生きることは最大の幻影。
しばし、生きる時間を最大に自己実現です。
上手い物を作り、音と遊び、本に沈没。
トータルなアートとしての自分の舞台を演出。
シナリオから演技まで一人劇を楽しみましょう。
f0196856_20335772.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2013-02-18 20:34

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima