2012.笑いの日々と共に

1月5日、ハノイの路上で8ドルで修理した靴事件。
先週、突然靴の裏に男が取り付けたゴムが。
ゴムが一人で路上に投げ出されていました。
拾い上げたものの、ま、いいかと放置。
2012年。
ハノイの靴は年を越せそうです。
2年前ロンドン行きの際に購入したものです。
毎日毎日ハードな仕事にも文句言わずに
私よりはるかに大人でした。
水に濡れても、砂にまみれても元気でした。
10年前の雨降るセーヌ河。
シチリアで購入した鞄の葬式をしました。
7,8年毎回旅に同行したオランダ製の頑丈な鞄。
パリでベルトが壊れてついにセーヌに流しました。
川の波に乗り、そのかばんはアレキサンドル3世橋をくぐります。
私もそれを追いかけます。
最後に沈んだのは、何ともミラボー橋でした。
アポリネールが詞を書いてくれそうな雨のミラボー橋。
そのかばんは今頃どこに沈んでいるのかしら。
せめて印象派の聖地、アルジャンツイユまで到達してくれたら。
2年前のパリのメトロスリ事件。
あの時の失望、落胆、崩壊、自滅、絶望、悲劇、消滅、奈落の底。
ヘミングウェイのクローズデリラの前で座り込んだ午後。
目の前にパンテオンが笑う。
その向こうにはノートルダムが無視している。
最後の朝、橋のたもとでジプシーと話し込んだ時間。
ロマのアコーデオンはいい音してた。
3ユーロ出すと、2,3曲ハンガリーの民俗音楽を弾いてくれた。
また会おう。
まだその場所にいるのだろうか。
シェイクスピア書店たもとの橋が彼の仕事場。
想像と空想と現実をテキスタイルして2012年も終わります。
硬派で軟派。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-12-30 11:11

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima