quicheな午後

ケータリングの一部にキッシュを今日の午後焼きました。
パートと呼ばれる生地はバターと粉に塩少々。
パータブリゼと呼ばれる生地は利用範囲が広いです。
これにホタテをソテ。南フランスのハーブ入りワインで味付け。
玉ねぎを30分くらいソテ。
生クリームに塩と胡椒、それにハーブ。
ポイントはここでの味つけです。
玉ねぎは火をじんわりじんわり。
すると、ほのかな甘みが出ます。
フランスのロレーヌ地方のナンシーあたりが本場です。
何回か食べましたが、少し塩が強い感じでした。
パリ9区のレストランでは毎日毎日製造の日々でした。
これに合うのがビールでしょうか。
18区のモンマルトル界隈の屋台では今でも人気です。
紙に包んで歩きながら食べたものです。
丁寧に焼くこと2時間余り。
あたりはいい匂いが。
思わず食べてしまいます
f0196856_21191111.jpg
f0196856_2119347.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-11-27 21:19

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima