ぶらり朝の散歩

道端に切られた大きな木。
大きな木の下で、という童謡。
小学1年生の生徒さんが完璧な発音の英語で唄える。
10曲以上の英語の歌を数カ月で唄える。
abcも知らないし、英語の文字を見たこともない。
ただ耳からそのまま覚えただけ。
このままで行くと、どうなるか。
年輪を正しく重ねて、やがては開花するでしょう。
hi,what do you do today?
自然に出てくる子供の英語は、まさに自然体。
この柿の仲間で最後まで木に残る生徒でいて欲しいもの。
家族で英語で会話できる、という理想の家です。
江戸時代にできた眼鏡橋。
時代は過去にさかのぼります。
川の流れを見るのも何だか禅を想起させる。
来週の面白い仕事の事を考えたり、雑念に攻撃されたり。
比較しない、唯一の自分の道。
今朝は川から山へ。
老婆に出会い、やさしい挨拶をいただく。
神社の紅葉に見とれる。
自分ひとりの休日の朝は空気までもが心地よい。
f0196856_1222776.jpg
f0196856_12223526.jpg
f0196856_1223191.jpg

[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-11-25 12:23

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima