シチリア料理のご希望

今夜のゲストは長くバルセロナで建築学を学んでいらしたご家族です。
ご希望はシチリア料理。
フランス料理の原点といわれる地中海最大の島です。
過去料理の源流を捜しに3度訪問しました。
アラブ、ノルマン、フランス、その前はギリシャやローマに支配された地域です。
重層的文明の蓄積が生んだ独自の文化圏です。
州都パレルモの友人宅に招かれたり、アラブ人の友人宅の訪問とか、いい思い出の島です。
シチリア料理の特徴の一つ。
それは海辺のオリーブオイルとレモンとトラパーニ産の塩。
それに海の素材を組み合わせて、短時間に仕上げる、まるでテンションの高い時間です。
もちろん、パスタもしおかぜの味です。
シチリアには大好きなギリシャ神殿がごろごろ。
中でもアグリジェントは秀逸です。そこにオリーブの森があり、横たわるコリント様式の円柱。
そこに昼寝に最適な大理石の寝台を見つけました。
1時間程、真剣に寝込んでしまいました。
オリーブの風に当たりながら、旅に出て最高の昼寝時間です。
またシチリア料理を量り売りしてるお店があります。
パリ18区のラマルク駅のそば。
何回か立ち寄り、シチリアの話で盛り上がりました。
料理するのは純真無垢な遊びです。
いい遊びをジャズとともに与えてくださる神様にメルシーです。
雨模様の台風な朝。
暗い朝に想いははるかシチリアへ。
旅まで2週間。パスポート期限大丈夫?
今夜の献立。フレンチとはかなり手法が異なります。
前菜.アボカドとホタテのマリネ。
第2の前菜4種。
パスタには大きなエビ丸ごと。フレンチ風に自家製アメリケーヌソースを隠し味に。
新鮮魚のシチリア風フライ、今届いたパルミジャーノチーズのパン粉で
それにシチリアのアンチョビのピザ。米サラダのトマトオーブン焼き。
メインに3種の魚介をケーパーと玉ねぎの野菜ソースで。
イタリアンとフレンチ。
さてどちらが難しい?
答え。フレンチです。その深さ、その技、その歴史。
イタリアンは基本お母さんの料理です。
フレンチをする人のイタリアンは面白いです。
イタリアンをする人は基本的にフレンチは無理でしょうか。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-09-16 10:26

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima