秋の味覚と知らない街への憧憬

秋。
料理人には面白い季節がきました。
フランスからの情報や経験から引き出すアイデア。
想いははるかロンドンのフランス料理店での皿洗い時代まで。
深夜にごそごそ、としてると。
急にどこかに行きたい、と強烈な旅衝動が発病です。
それから世界地図を広げる。
飛行機で遠い国へ飛び去ろうか。
10月4日の便がわずか1席。
ようやく確保。
しかし年々、頭も体も老化なのか。
先日、愛車の自転車でお買い物に出かけました。
翌日、ガレージから自転車が消えてました。盗難?
完全に盗難だ、と落胆。
待てよ。きのう?
そうだ、スーパーに忘れて来た。
歩いて帰ったんだね。
痴ほう症の始まりだと確信しました。
このままじゃ、異国から祖国に帰れるだろうか。
これまでアフリカの奥地やアジアの秘境からも帰れていましたが。
先行き不安です。
たぶん、いつの日か、祖国に帰れなくて、保護される日が。
保護されるのも面白そうですが .
さて仕事開始だ。
せめて料理法は忘れないことにします。
それから新しいボサノバ4重奏団の楽しみ。
9月23日のデビュライブ。
遊びの合間に仕事。
これフランス人の普通の生き方の一つです。
[PR]
by lautrec2kagoshima | 2012-09-07 17:17

私達夫婦が経営する南仏・地中海料理のお店「LAUTREC(ロートレック)」の毎日の様子を綴ります。


by lautrec2kagoshima